EDUCATION

渡航先オーストラリア

なぜオーストラリアなのか?

留学先を選ぶ際に候補になる行き先はどのような国があるでしょうか。
アメリカ・イギリス・カナダ・ニュージーランド・フィリピン・・・
こうした数ある選択肢の中から弊社がオーストラリアを推薦する理由はいくつかあります。

治安

日本を離れて生活をしていくうえで大多数の方が滞在先においての治安・安全面を気にされると思います。オーストラリアは非常に安全な国で、アメリカや他国のように銃社会ではないことから、安全面を考慮して留学先を選択したい方にはお勧めの場所になります。

言語

言語(英語)の習得は留学の目的の中でも大部分を占めるものでしょう。2020年のオリンピックが東京で開催されることもあり、日本政府は昨今のグローバル化に対応する教育改革を打ち出しており、今後も英語をはじめとする外国語ができる人材の需要は増えてゆくものと推測されます。
英語の習得の上で非常に大切なことは、どれだけ英語に”浸かれる”かによると考えます。
ご存知の通りオーストラリアは英語圏の国であることから、日々の生活の中で英語に触れあう機会が多いことで英語の習得に有利であると言えます。

気候

イギリスやカナダ等の国々は冬になると寒さが大変厳しくなります。オーストラリアは、場所にもよりますが、ほぼ1年中穏やかな気候に恵まれており、特にクイーンズランド州は亜熱帯気候であることで真冬でもコートも不要なほど過ごしやすいという特徴があります。また、南半球であることから、日本の真冬の時期はオーストラリアは真夏にあたり、温かい所で勉強ができるといった利点もあります。

費用

フィリピンをはじめとする発展途上国での留学では費用を大幅に抑えられるという点があります。
オーストラリア留学における留学費用はこうした格安留学とは比較することはできませんが、それでもユーロ・米ドルと比較すると豪ドルは現在のところ円高傾向にあり、日々変動する為替レートを確認しながら換算率のいいタイミングを見計らうことにより1割から2割ほど授業料や生活費を倹約することができるでしょう。

留学プラン

個人個人の状況や希望に合わせて様々な留学プランをご用意いたします。代表的なプランは以下をご覧ください。
もちろん個々に合わせたカスタマイズも行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

留学先の選定方法

留学準備

留学先の決定は学校から?それとも滞在先から?WIDAUSの考え方。

1. まずは滞在先都市を決める

短期であっても長期であっても、自分のイメージに合った街や環境で生活をすることは非常に大切なことです。のんびりした場所を希望するのか、町の中心部にアクセスしやすく便利な場所を希望するのかによって、留学先の選択肢は変わってくるでしょう。WIDAUSでは学校を選択する前に滞在先を決めることをお勧めしています。
私たちがサポートしているそれぞれの場所について特徴を掴み、滞在先のイメージを膨らませましょう。

2. 次に学校を決める

滞在先が決まったら次は学習する学校を決めていきましょう。比較的のんびりした田舎の町では学校の数も限られてきますが、街の中心部であればあるほど学校の数も増えてくるため選択肢は広がってきます。
どの学校を選択するにしても、留学を始める前の準備学習を行うことでより現地での学習が有意義なものとなるでしょう。

お問い合わせ

オーストラリアへの留学・ワーキングホリデーに関してご相談の方は以下お問い合わせフォームまたは LINE から直接ご連絡ください。