渡航前にオーストラリアの銀行口座を開設

こんにちは!

オーストラリア・ブリスベンから留学・ワーキングホリデーの情報を発信しておりますWIDAUSです(#^^#)

 

私も留学前は、たくさん悩みがあり、携帯電話のSIMカードや荷物の準備、銀行口座開設など、何から手を付ければよいか、試行錯誤していました。

 

現地での銀行口座(Commonwealth Bank コモンウェルスバンク)は、私は日本から渡航前に手続きを行ったのですが、今回はその方法をご紹介したいと思います(*^▽^*)

私が絶対におススメする銀行です!!

【オーストラリア4大銀行】

・ANZ Bank (オーストラリアニュージーランド銀行)
Commonwealth Bank (コモンウェルス銀行)
・National Australia Bank (ナショナルオーストラリア銀行)
・Westpac Bank (ウェストパック銀行)

コモンウェルスバンク(Commonwealth Bank)とは?

⇒オーストラリア国内でナショナルオーストラリア銀行に次ぐ2番目に資産額が大きい銀行。日本の東京にも事務所があるが、口座開設サービス等は行っていない。ブリスベン市内でもたくさんの支店・ATMがあり、オンラインで送金などが可能なCommBankアプリは定評あり。難しい手続きも少なく、比較的すぐに利用できます(*^▽^*)

主にCommonwealth Bankの銀行口座開設の方法としては・・・

➀オーストラリア現地の銀行支店で口座開設をすべて手続き

➁オンラインであらかじめ申請し、現地で最終手続き

 

私は日本から②の方法で、オンラインから申請して、現地でスムーズにカードを受け取ることができました(#^^#)

これからオンライン申請の手順を説明していきたいと思います(*^▽^*)

※オンライン申請が可能な期間は渡航まで3か月以内の方です!

 

(手順1)

留学生やワーキングホリデー向けのコーナーがあるので、まずはそこの画面に進みます。

ホーム画面⇒Banking(銀行)⇒Moving to Australia(オーストラリアへの渡航)の順にクリックします。

するとこのような画面が出できます。

(手順2)

銀行口座のオプションの画面まで進みます。

Bank accounts(銀行口座) ⇒ Open account(口座開設)の順に進みます。

※ここで注意!!

大学などでフルタイムで勉強する人と、語学学校などでカジュアルで勉強する人は種類が異なるので、注意してください!!

Everyday Account Smart Acces: カジュアル

Everyday Account Smart Access for students : フルタイム

 

その後、Open accountをクリックし、口座の種類を選択すると、以下の画面が表示され、左端のGet startedをクリックするとオンライン申請が開始されます。

(手順3)

Get startedを押して、この画面から、One(個人アカウント)か、Two(2人)を選んでいき、以下の個人情報を入力していきます。

渡航日⇒氏名⇒メールアドレス、電話番号⇒生年月日⇒現住所⇒カード受け取りのための現地の支店先⇒ビザの種類⇒職業⇒収入⇒アカウントのパスワード設定

難しい英語は使われておらず、簡単な個人情報の内容がほとんどなので、15分もあれば入力は終わると思われます(*^▽^*)

 

(手順4)

全ての入力が終わると、メールアドレスに詳細が送られてきます。

念のため、内容を読み返して、その後そのメールをコピーしておくことをおススメします!

私は現地の支店で、メールのコピーを従業員に提示すると、すべて手続きをスムーズに行うことができました(#^^#)

 

(手順5)

オーストラリア現地に渡航後、手順3で設定した現地の支店に、最終手続きをするために向かいます。パスポートを必ず持って、忘れないようにしてください!!

(手順6)

その後、アプリをインストールすると、このようにアプリ上で、家賃の支払いや送金が簡単に行えるようになります。

 

いかがでしたか?(#^^#)

日本からあらかじめ銀行口座開設の申請をしておくと、現地での手続きを大幅に減らすことができます。

 

まだ銀行口座について悩んでいる方には、ぜひ参考にしていただければ、と思います!!

 

記事を読んでみてもまだまだ悩んでいる方はぜひ弊社までご連絡ください!

 

WIDAUS Staff

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA